大人と比較して、子供の方がより虫歯になりやすい傾向があります。

子供の虫歯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的に虫歯と言うのは子供大人関係なく、注意をする必要があります。
しかし一般的に子供の方が大人と比較すると、虫歯になるリスクが高いと言われています。
その理由として、いくつかのことが指摘されています。
まず子供の乳歯ですが、永久歯と比較して、どうしても質が劣る傾向があります。
このため、乳歯の方が永久歯と比較して虫歯になりやすいとされています。
また子供である程度の大きさになってくると、永久歯に歯の生え換わりが起こります。
この永久歯についても、最初のころは乳歯並みに安定していない傾向があります。
このため、生え換わりの時に虫歯になってしまうと言うパターンも結構多いと言われています。
永久歯の状態が安定してくるまでに、生えてから2〜3年程度かかると言われています。
ですから、子供の虫歯対策をきちんと行う必要があるわけです。
虫歯にならないようにするためには、日ごろのブラッシングなどのケアが大切になります。
しかし子供の場合、いくら指導をしてもきちんとケアをすることができない可能性が高いです。
小学生になると、自分で歯磨きをする子供が多くなります。
この時きちんと歯磨きができていないと虫歯になる可能性が高くなるので、注意したい所でもあります。
また子供の特に乳歯なのですが、大人の永久歯と比較して、虫歯の進行のペースが速いと言われています。
これは、先ほども紹介したように、乳歯は永久歯と比較して歯の質が良くないことがまず挙げられます。
その他にも、乳歯の方が永久歯と比較すると、歯の大きさが小さいです。
このため、一度虫歯にかかってしまうと、かなり進行が早い所があります。
また虫歯になった場合、相当歯が痛むはずです。
しかし子供の中には、少しの痛みであれば我慢をしてしまうケースもあります。
歯科に対して悪いイメージを持っている子供の場合、歯科で治療をした方がもっといたそうだからということで我慢をしてしまうのです。
その結果、より痛みがひどくなって、我慢できない所で親などに打ち明けます。
そうなってくると、かなり症状が進行してしまうこともあるのです。
ですから、親は普段と比較して子供の様子に変化がないかどうかの確認をしましょう。
その上で少しおかしいなと思ったら、歯科に早めに連れて行くようにしましょう。
進行がひどくなってしまうと、あごの成長に悪影響を及ぼすこともあります。
痛む方のあごでかまなくなるので、ゆがみが起きる可能性もあるからです。

Copyright (C)2014口内トラブル〜いろいろな治療法があります.All rights reserved.